【粉瘤(ふんりゅう)アテロームの画像】原因と治療法とは?

スポンサーリンク



【粉瘤(ふんりゅう)アテロームの画像】原因と治療法とは?

粉瘤(ふんりゅう)とは、皮下にできる良性腫瘍(できもの・おでき)の一種で、アテロームまたはアテローマとも呼ばれます。

 

粉瘤は、なんらかの原因で皮膚の下に嚢胞(のうほう)と呼ばれる袋状の構造物が作られることで起こります。
外傷により皮膚の表面の細胞が内部に押しやられ、そこに定着して発生する場合もあります。

 

何が原因で腫れるのかハッキリとしたことが分かっていないのが厄介です。
一応、ストレスが原因の一因と言われているらしいですが、本当に突然、腫れあがりますので、対処の仕様がないですね。

 

一般的に、皮膚がある部位であればどこにでも生じますが、実際に多くみられるのは、顔面や体幹です。
特徴としては、膿がカプセルに包まれて成長して大きくなっていきます。

スポンサーリンク



耳に粉瘤のできる方は多発する傾向が多いようです。

 

顔に粉瘤のできる方は、やはり徐々に大きくなる腫瘍ですので、大きくなってから切除するのでは傷が少しずつ長くなってしまいます。

 

貯留したものが何らかのきっかけで排出された時は、不快な臭いがすることがあります。
そこに細菌の感染が合併すると炎症性粉瘤と呼ばれ、疼痛、熱感を引き起こします。

 

内部に破裂した場合、極めて稀ながら、これが原因で癌になるという報告もあるそうです。

 

補足ですが、患部に穴を開けてピンセットなどで無理矢理 粉瘤を取り出すという方もおられるようです。
かなり後悔されていて、絶対に止めた方が良いということです。

 

粉瘤は病院で処置を受けないとまず完治しません。

 

初期であれば抗生物質の投与で治癒することもあるそうですが、殆どの場合切開が必要となります。

 

手術費用は粉瘤の大きさなどによって手術点数が異なり一概では言えません。

 

多くは5,000円程度か病理検査を入れたら7,500円ほどですが、症状によっても異なります。

スポンサーリンク



スポンサーリンク




スポンサーリンク